金利や事業者ローンのキャッシングサービスについて

金利に関する事柄

クレジットカード

金利と利息

キャッシングサービスを利用する際、金利というものがついてきます。金利はお金を借りて一年間に発生する利息の割合を指します。利息の割合の計算はとても簡単です。借りたお金の金額にパーセントで示された数字をかけることで、利息の金額を出すことができます。50,000円を借りて金利が10%だった場合、50,000×10%で5,000になります。利息金は5,000円になります。ちなみに、借りたお金は元金とも言います。元金という単語を使って説明されることもあるので、覚えておくといいでしょう。

上限がある

利息ですが、実は法律によって金利の上限が決められているのです。元金が10万円未満だった場合は20%、10万円以上で100万円未満だった場合は18%、そして100万円以上だった場合は15%になっています。これ以上の金利を提示して請求する金融会社は違法業者に該当するので、サービス利用をしないようにしましょう。実際利息の上限を確認せずに契約したことで、返済などで酷い目にあったという人は大勢います。

比較を見る

法律で上限が決まっている金利ですが、設定されている数字の範囲内であれば設定は自由になっています。つまり、業者によって金利の設定が異なっているのです。返済額をなるべく抑えたいというのであれば、金利が低い業者を選ぶことがベストです。簡単に確認ができるようにネット上では、金利設定の比較情報を公開しているサイトがたくさんあります。中には業者の選び方のコツなどを把握できるものもあるので、確認しておくといいでしょう。